読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウラガワなんていらないさ

気分です。ポエマティックです。テクマクマヤコン。

ジャニーズWEST 1stコンサート 一発めぇぇぇぇぇぇぇ!(とジャニーズWEST結成1年を迎えて7人の大好きなところ)

 

行ってきました1stコンサート

お正月です!!一ヶ月前!

あけましておめでとうございました!!

 

横浜アリーナには1月2日

大阪城ホールには1月6日の2部に行ってきました。

 

グッズ列に4時間並び、席についてわくわくしながら開演を待っていました。勘亭流フォントのお名前が上に掲げられていてもう感無量。

7人のために作られためでたいセット。

 

今回のコンサートほんとに楽しかったんです。楽しい理由を探さなくても楽しかった。メインをはるコンサートを見ることがこんなに幸せなことだとは思っていませんでした。

ええじゃないかで出てきた7人があまりに輝いていて強くてかっこよかった。

そこからセンターステージに走ってくる7人はもっとかっこよくて眩しかった!

せり上がったステージ上から下に降りてきて「いっくっぞ!!!!」でバーッとセンターステージへ駆けてきた場面は今思い出しても胸が高鳴ります。

 

このコンサートでひしひしと感じたのは「幸せにしたる!楽しませたる!どや!お嬢さん方!」っていう男前な心意気でした。

いつでも自信たっぷりな7人が心底大好きです。

いつでも自信たっぷりにコンサートのことを話してくれる彼らが大好き。

裏側に潜むであろうちょっとした不安も見せずにエンターテイナーに徹する7人が大好きです!!

 

 

今回楽しいんだなっていうのがすごく伝わってきた照史くん。わたしの中でジャニーズWESTの舵取りは照史くんだと思っていて。今回そんな照史くんがへんてこでちょいちょいおもしろかったんです。MCでもへんな間をつくってしまったり(それがらしくなくてすごく笑ったけど)そういうツッコミしちゃうの!?楽しいね!照史くん!っていう気持ちに何度かなって、あ~照史くん100%でこの横アリなり城ホなりの単独コンを楽しんでるんだなあって。そんな姿を見てわたしもすっごく楽しかった。リリパで「4人のとき辛かってもん~」って泣いている姿を見てしまっていたので余計に感じました。照史くんが発する「メンバー大好き!お客さんもみんな大好き!」は照史くん自身に言い聞かせている呪文のように聞こえて。好きじゃないとだめだっていう自己暗示のような。いつかその言葉が照史くんに追いつけばいいなあと思うし、わたしもそんな言葉を発する照史くんに追いつければいいなあと思いました。照史くんが楽しそうだとメンバーみんな楽しそう。とびっきりの楽しい!を体で表現して、提供してくれる達人、最高の体育会系アイドル照史くん。

 

 

重岡くん贔屓な私にとって淳太くんには感謝の気持ちでいっぱいです。いつでもかわいい重岡くんを見せてくれてありがとう。淳太くんのおかげです。でも誰よりもジャニーズWESTのことを考えてくれてるなっていうのが伝わってきて。5人ボケ1人傍観者のまとめ役をかってでてくれている淳太くん。今回もごっちゃごちゃいじられるのを受け入れながらボケをぶった切っていく淳太くんは輝いていました。重岡くんが「淳太くんとはまじめな話をしたり相談したりする」って言っていたのが印象的で。あんなにウザ絡みしているのにベタベタしてるだけじゃないんだなあって。この前もbayじゃないかで「お前らオレをイジりすぎや。それだけだとだめやで。」という旨の発言をしていたのが頭をよぎり、一線を分かっている頭脳派がいるのは強いし(それを実行にうつさないとだめなんだけどおいといて)、重岡くんがベタベタとウザ絡みする由縁が分かったような気がしました。淳太くんが受け入れている理由も...ただ馴れ合ってるわけじゃないんだね。淳太くんのことは良い意味で安心して見ていられます。ホッとする。横アリ公演をいっしょに入った友人と「絶対淳太くん、あけましておめでとうございますじゃなくてあけおめ♡って言うと思う」だなんて話をしていました。見事にそれを裏切らなかった淳太くん。たぶん淳太くんのことJKだと思ってますわたし。かわいくって美人さん。ジャニーズWESTの頼れる頭脳派で誰よりも王子様でいてくれる淳太くん。

 

 

今回のとってもかわいいお衣裳神ちゃんがデザインなの!!?びっくりしました!序盤の和装風お衣裳がもうかわいいのなんのって!帯の結び方が「立て矢結び」という結び方にとてもそっくりで。調べてみたら歌舞伎では武家の娘さんや腰元さんが。また江戸時代の大奥で御殿女中がお揃いの矢絣模様の着物に締めていた、だなんて言われているそうで。う~ん!粋!この結び方がかわいいからっていう単純な理由であったとしても、こうして気付いてしまってこうじゃないかなって考える余地をくれる。もしかしてここまで考えてましたか神ちゃん!髪の毛の赤エッセンスが落ちて終盤顔が真っ赤になていた神ちゃん。すごかった。その風貌でセンターステージでにこにこしてた神ちゃんを見て、あ~このグループのファンでよかったって心から思いました。だってそんなにぐちゃぐちゃになってでも楽しいものを届けてくれるんだもん。今回のツアーの公式パンフ【今年、もうひと掘りしてみたいメンバー】に3人が神ちゃんをあげていました。「神ちゃんの良さを出したい」「神ちゃんと神ちゃんが探してるもうひとつを探したい」なんて言っていて。メンバーの目にうつっていてわたしの目にはうつっていない神ちゃんの良さってどんなのかな。神ちゃんが探してるものって何かな。ゆっくりでいいから教えてほしい!にこにこ笑顔で熱い闘志を隠し持つシークレットマン神ちゃん。

 

 

流星くんはほんとうにおめめがキレイでいらして。造形美がすごい。流星くんが来るたびにキャア!!じゃなくてファァ...美しい...人間なのだろうかって逆に心が鎮まります。唐突ですがこんなことを思い出したので書きます。おととし城ホでのあけおめコンで見た流星くんのファンサが忘れられない話。『流星くんエアハグして!』うちわを持つアリーナ席にいる女の子に。花道はアリーナ席より少し高い位置にあったので、出来るだけ屈み、両手をその女の子に広げていたんです。女の子は友達と踊り狂って喜んでいて、それを見て、流星くんってツンってしてるだけじゃないんだ...って驚いたのを覚えています。それから見る度驚きをくれます。流星くんこんなにおもしろかったの?流星くんこんなに怒る演技上手だったの?何年かでスポンジみたいにむくむくと成長していてすごい。今回のお正月コンでもふわんふわんと手をふっている流星くんに心がポカポカしました。自然体という言葉がぴったり。でもデビューを諦めなかった計り知れない熱い闘志を持っている。だからなのか個人的にずっと思っていることが。そんな流星くんって根拠のないことを自信を持って押してくれる感じがするんです。上手く言えないんですけど。でもそれって絶対間違ってなくて。信じるって大切だもん。うん。根拠のない大丈夫を信じられるのは流星くんがどこへ行っても「流星くん」だからなんだろうな。ブレない。そんな流星くんのまわりには素敵な人がたくさん集まってくるんじゃないかなあとも思います。一本筋が通っている魔法使いの強い人、流星くん。

 

 

みんなの濵ちゃん!お正月コンでお披露目されたメンバー紹介ラップのヒーローお衣裳がとっても似合ってました。濵ちゃんってメンバーのみならずファンからも慕われて大きい心でギュッとしてくれる。いつだったかの少クラで濵ちゃんが「マネージャーの濵田です!」って自己紹介したのをすごく覚えていて。それを見たわたしは不思議な気持ちがぐるぐるしていました。マネージャーって言った濵ちゃんに何があったんだろうって。勝手に。その当時わたしに関西の知識を教えてくれたのはBBVが大好きな女の子でした。だから。今回のヒーロー姿はとっても嬉しくてわたしが知ってた濵ちゃんはやっぱりアクロバットが得意でさりげない男前で馬面なみんなのヒーロー。みんなに優しい。濵ちゃん!ってお名前を会場みんなで一緒にレスポンスできたのが嬉しかった!横めの席もチラッチラと気にしてくれていた濵ちゃん。そういう人がひとりでもいてくれることで置いてきぼり感がなくなるんです。素敵だなあ。メンバーもみんなも大きなハートでゆっくり温めてくれる優しい人、濵ちゃん。

 

 

これを言わせてちょっと早いけど、高校卒業おめでとう小瀧くん!それでもまだまだ18歳。最年少なのに溢れ出るSexy♡に加えてあのキュートさ。デビューする前までの小瀧くんのイメージはまさしく「小瀧!」でした。慣れたようにファンの子に優しくファンサービスしたと思えばデビュー前の握手会では疲れて言葉があまり返せなくなっちゃう年少らしい一面も持っていて。そんなところがわたしの中では小瀧くんでものんちゃんでもなく、果てしないただただかわいい、愛でたい存在の揺るがない「小瀧!」でした。だけどデビューが決まってからそんな「小瀧!」はだんだん少なくなっていって。先輩に積極的に絡んで行ったり、今回のユニット曲、流星くんと歌ったMissing Piecesはとってもかっこよかった。ツインのナンバーはなぜだか流星くんに負けまいとする小瀧くんがかわいいだなんて目で見ていました。なめとんのかわたし。小瀧くんに余裕ができたのか、ダンスが上手になったのか、わたしの見る目が変わったのか。今まで「小瀧!」だなんて呼んでいた自分にちょっとイライラ。大好きなお兄ちゃんたちに囲まれてすくすくもっともっと大きく育って見る人たちの心をばっかばっかと奪っていくんだろうな。この1年でイメージが大きく変わった最年少です。未知数ハートゲッター小瀧くん。

 

 

最後に、自担!の重岡くん。重岡くん大好きです。今回のツアーでも、この1年でも、かわいい重岡くんよりかっこいい重岡くんが多くて。アイドルスマイルの重岡くんももちろんたくさん見れたけど、重岡くんってほんとうに楽しいと目がなくなっちゃう笑顔をこんなにたくさん見せてくれるんだなってそれにこのコンサートで今さら気づいてドキドキしました。浪速一等賞のときに人差し指がギュインって曲がるくらい力を入れて楽しそうに踊っているのとかメンバーをいじってキャッキャしてるのとか和装ちっくなお衣裳でセンターステージに先頭で走ってくるのとかきらきら輝いていて、そんな姿をこの目で見れて本当に最高でした。重岡くんの笑顔をこれでもかって見れた帰り道はこれでこそファンの醍醐味!幸せだ!みんな聞いて!わたし幸せ!となって帰れます。嬉しい。10000字のときにも思いましたが、デビューしてから重岡くんにふれる機会がすごく増えて、いつの間にか重岡くんが中心でした。重岡くんの笑顔は見てる人を笑顔にする力を持っています。少なくともわたしには。その笑顔が絶えない限り、わたしは重岡くんに頼るだろうし重岡くんを見続けて贔屓に応援していくと思います。繊細なのに人懐っこいし、人見知りなのにべたべたするし、見事なアンバランス。あんな顔なのに6日のMCで照史くんに「メンバーの中でいちばんマッチョはしげ!」って暴露されるし。これまたアンバランス。けしからん22歳。掘っても彫ってもまだまだ魅力がつきない不思議な赤色を放つ花咲く笑顔のザ・アイドル重岡くん。これからも担当を名乗らせて下さい。よっにっぽんいち!

 

 

コンサートの最後の最後、大阪城ホールでヘロヘロになってるメンバーに「おかわりー!」って言ってもう1曲歌わせたのがわたしは最高に楽しかったです。

あの空間がまた近々味わえるのならそのときにちゃんと楽しめる体勢を整えておかないと!

 

ありがとうございました。ズンズン2年めぇぇぇぇぇぇぇぇ!も突っ走っていってください。