読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウラガワなんていらないさ

気分です。ポエマティックです。テクマクマヤコン。

半ちゃんのこと

 

半ちゃんの第一印象は「自信がなさそうな大きい男の子」だった。

目元はとろんとしていて、かわいい顔立ちの類。

目立つポジションにいるはずなのに、どこか自信がなさそうな、目を引く男の子だった。

 

 

 

Jr.仲間だったり、ファンの人たちは半澤暁くんのことを「半ちゃん」「はんちゃん」と呼ぶ。

けれど、どうしても私の中では「半澤くん」で「半ちゃん」が見つけられないでいた。

大きいのに「半ちゃん」だなんてかわいく呼ばれる理由を知りたいけど見つからない。

そんな「半澤くん」から「半ちゃん」を知ったのは去年5月の公演だった。

 

MC中、半ちゃんよりも年下な岡本カウアンくんが「半澤は〜」と話し出した。

どんな内容だったかは覚えてないけれど、ジャニーズ事務所には割と上下関係がある...ことを知っている客席側は一瞬だけ雰囲気が変わったのを覚えている。

だけど半ちゃんは笑うでもなく怒るでもなくおはようぐらいのテンションで「俺はいいけど〜楽屋でもそう呼んでると思われちゃうよ?」って言ったのだった。

それに「ごめん、半ちゃん」とペコっとカウアンくんが謝り、ことは終了。

これがあの半ちゃんなんだ、とひとりで感心していた。

お客さんから!質問コーナー!ではジェシーが「半澤の鼻が大きい」といじる中、当てられた女の子にマイクを渡す係を担った半ちゃんは渡す前に女の子から「そんなにお鼻大きくないですよ」と言われたそう。

こういうのをファンが言える雰囲気を半ちゃんは持っているんだなあ。

女の子がどういう語調で言ったかは分からないけど、そこでもおはようぐらいのテンションで「お鼻でかくないですよって言われちゃったよ〜」だなんてジェシーに報告していた。

この公演で「半ちゃん」を見つけてしまったわたしは一気に半ちゃんの虜になった。

半ちゃんって自然体なんだなあ。誰にでもふつうに接するんだ。おはようって。

嬉しいことに大好きな増田くんの隣にはよく半ちゃんがいた。

 

半ちゃん22歳のお誕生日わたしはこんなのをつぶやいていた。

 

目がかわいい!ゲラなのもかわいい!スティッチでかわいい!大きくてかわいい!ごまのすり方が独特でかわいい!かっこいいのがかわいい!たまにあれ?半ちゃん?ビジュが…?ってなるのもかわいい!なのでよき1年にして下さい半ちゃんのしたいことがたくさんできる1年になるといいネ

 

上にかいてある通り、まあビジュアルがあれれ期も含め、半ちゃんはかわいい。

だけどかわいいな〜ってなんとな〜く半ちゃんを見てきたわたしは、なんとな〜く半ちゃんがしたいことが分からなかった。

そこが半ちゃんを好きな理由でもあるんだけど。

アイドルとして目指すもの、こと、というのは目まぐるしく変わるJr.的にとっても大切なはずなのにそこがもやもやして見えなかった。

 

「〜」を多用したくなる男の子、アイドル。

「〜」って「から」って打つと出てくるけど、本当に、何かと何かの間にいるような人なのだった。

交友関係を見ていけば、至極、ふつうの男の子なんだけど、目を引く、掴みきれない男の子というイメージは変わらなかった。

将来の夢にデビューを掲げているけどみんなが言ってるからなんじゃないかな〜なんて。

なんとな〜くが永遠に続いてしまうような。ゆるくてふわふわしているのだった。

 

 

そんな半ちゃんが22歳を迎え、1月の舞台を終えると消えた。

毎月出ていたザ少年倶楽部にもいつの間にか出なくなり、半ちゃんがいたであろう増田くんの歌シンメポジには紫耀くんがいた。

いつから出なくなってしまったかは分からない。それくらい自然に。

今月だけ出ないのかな、が何回も続いたせい。

 

そんな中、半ちゃんの生存確認ができたPOTATO7月号で「今すごく英語がしゃべるようになりたいんだよね」と半ちゃんは言い「近いうちニュージーランドにホームステイして英語を学びたいと思ってる」だなんて話していた。

 

わたしはその半ちゃんのしたいことにしっくり来てしまった。ああ半ちゃん英語を勉強したいんだ。そっか。

22歳の誕生日、半ちゃんの夢が叶いますように!とハートマークをこれでもかとつけてつぶやきたかったんだけど半ちゃんの夢が分からなかった。半ちゃんにしか分からない、半ちゃんのしたいことも分からなかった。

半ちゃんの口から突然、英語のことが出てくるとは思ってもみなかったことだけど、今の、等身大の半ちゃんがしたいことが分かって、少しホッとしてしまった。

 

「近々グアムに行って英会話に慣れる予定(笑)」らしいけど、グアムってほぼ日本だし語尾の笑いはなんの笑いなの、とかっていろいろ思ってしまって、でもなんだかとても半ちゃんらしくてちょっと笑ってすっきりした。

半ちゃんの夢の形が少しみえた。

半ちゃんのなんとな〜くファンとして、英語の話を聞けてよかったなと思う。 

 

半ちゃんがしたいことをしてまたステージに戻ってきてほしいけど、どうなのかな。

でもどこでもなんとな〜く半ちゃんなら上手くやれそう。

そしてわたしはたま〜になんとな〜く半ちゃん元気かな〜って思うんだとおもう。

 

まあ半ちゃんなら。きっと。ね。