読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウラガワなんていらないさ

気分です。ポエマティックです。テクマクマヤコン。

X'mas コンサート2013@大阪松竹座 20131222

 

行ってきました。

大阪松竹座 X'masコンサート2013

そう重岡大毅くんソロコンです。

 

 

発表されたときは心の中がお祭り騒ぎでした。

わーきゃー!わーきゃー!えーやっちゃうの!?

重岡くんやっちゃうの!?ふえええ!?4公演もやっちゃうの!?

勝手に不安にもなりました。重岡くんプレッシャーで死んじゃわないかなって。

そんな不安なんて全くいらなかったんですけどね。

 

ザ・ジャニーズなソロコンです!

と公言していたとおり、もう王道アイドルをやっている重岡くんが大好きなわたしには大満足な公演でした。

格好良い重岡くん、可愛い重岡くん、癒し系な重岡くんなどなど...

たくさんの重岡くんを見せてもらいました。

21歳でここまで自分を最大限に出せるコンサートを作り上げてくる重岡くんってすごい。

特に、君のために僕がいるのスティック使いながらのかわいい振り付け

黒ハットを使ったハッとして!Goodには骨抜きでした。

すごく良かったです。

平成の世にトシちゃんをあんなに表現できるアイドルがいますよ!ここに!

ギャンスタとの雰囲気もすごく良かったです。

重岡くんのゆるいシュールとも言える雰囲気な会場もとても心地良かったです。

タオルで頭をがしがし拭いたことによってぐしゃぐしゃになった後ろ髪をギャンスタを含むみんなで

しげー!髪の毛ー!

って注意したときは胸が張り裂けそうな幸福感でした。

こんな松竹座の雰囲気ははじめてで、ずっとここに居たかったです。

 

 

負けへんでbabyというパンチがあるソロ曲で登場したときは震えました。

そしてこのソロ曲で登場だなんて粋だなあ!と思いました。

勝手に最後だって思ってたから。

最初にこの曲を歌ってくれたことによって会場のボルテージが上がったような気がしましたよ。

会場の一体感が生まれたと思うし、わたしはなんだか安心してしまいました。

うわあ最後の曲はなんだろうってわくわくしました。

いやはや、重岡くんってほんとファンの子の心理を分かってくれている子だなあと思います。

ファンの立場に立てるというか、何をすれば喜ぶのか分かっている子だと。

頭が良いんだろうなあ。

今、彼が関西ジュニアのセンターに立っている意味がよく分かったコンサートだったとも感じました。

あのアイドル感というか、正統派な感じ(あくまで関西の中でね☆)は

個性バリバリの関西ジュニアを中和してくれているのではないのかなあと。

だからセンターにたってキラキラスマイルを量産しているのではないのかなあと。

 

ジュニアの世界ってある程度自分を売り込まないとやっていけない世界だろうし、

闘争心がないと本当に蹴落とされる世界だとわたしは勝手に思っているのですが、

重岡くんにはキラキラジャニーズアイドルをやっている影に潜む

そのちょっとした闘争心みたいな黒い感情が時たま見え隠れするのがなんとも言えません。

だけど仲間が大好き。だからウザいと言われるほどくっついてしまう。

アンバランスな感じがなんとも言えません。うーんすごくアイドル。

 

紙面でキラキラ輝く重岡くんを数年前に見つけて以来、

この子についていかなきゃ!

となぜか使命感を燃やし数年、マイペースに東北の地から応援していたわけですが

意外と、自分が自分が!オレオレ!だと思っていた重岡くんが

なんとギャンスタたちを引き連れてがしがし踊っていたり

はたまたMCでギャンスタたちを引き立てつつお話していたのを見て

兄組に頼らずお話している姿を見て泣きたくなりました。

 

すごい!この子成長してるう!

ってね。それと同時に

わたしもこれくらい成長してるのかなあ。負けないぞ。

と勝手に燃えてしまいます。

重岡くんの活躍はエネルギーです!

 

もう1人でもあんなに喋れるんだもんなあ

それじゃあわたしがまばたきをしている間にセンターに立ってしまいますわな。

 

重岡くんの笑顔を1つでも多くこれから見て行きたいです。

そして

「僕たちにはこれしかない」「背水の陣です」

と重岡くんが某雑誌で話していました。

関西ジュニアたちにもっともっと輝いて欲しいです。

 

ファン心理を熟知していると思われる重岡くんが入っている7WEST然り

関西ジャニーズJr.は強いぞ!

来年もぐいぐい大きい背中で引っ張っていって下さい。重岡くん。

応援してます。